ネコ雑学

猫を飼い始めた初心者に教える!猫の餌について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

猫を飼い始めるにあたって、正しい認識のもとで餌を与える必要があります。
かわいい猫がいつまでも健康で長生きするためには、日々の餌から摂る栄養が重要です。
ペットコーナーに行くとたくさんのキャットフードが売られているため、「どれを選べばいいのかわからない」という方のためにキャットフードの違いをご紹介します。

キャットフードの違い

キャットフードは総合栄養食と呼ばれ、その形状から大別して3つに分かれます。

  • ドライタイプ:
    水分含有率10%以下のもので、袋詰めになっています。
    よく「カリカリ」と言われるのはこのタイプの餌で、猫がカリカリと音をたてて食べるところからこう呼ばれます。
  • セミモイストタイプ:
    いわゆる「半生」タイプで、水分含有率25~30%の加熱発泡していないものをいいます。
  • ウェットタイプ:
    パウチや缶詰で売られており、水分含有率75%以上のもののことです。
    肉の食感が残っており匂いも良いため、一番食いつきがいいと言われますが、傷むのも一番早く、価格も高めです。

また、キャットフードは猫の年齢によっても4つに分かれています。

  • 子猫用:離乳~1歳くらいまで
  • 成猫用:1~6歳くらいまで
  • 高齢猫用:7~10歳まで
  • 老齢猫用:11歳以上

猫の年齢によって配合されているカロリーや栄養バランスが異なってきますので、栄養不足カロリーオーバーによる肥満にならないように、年齢に合ったキャットフードを与えるようにしましょう。

また、与える量の目安は猫の体重1キロに対し、70~80キロカロリーと言われていますが、
フードに必ず目安が記載されているので、それを確認して与えるようにしましょう。

尚、餌を与える回数もまた年齢によって変わってきます。
人間同様、ネコの場合も赤ちゃんの頃は一回の量は少なく・回数多く、が基本です。
ネコは哺乳類ですから、生後すぐは母乳で成長します。
フードを食べ始めるのは生後2か月くらいからです。
最初は少量をネコ用のミルクやお湯などでふやかしたものを与えるようにしましょう。
子ネコの時期は一日に4~5回に分けて、餌を与えるようにします。
その後徐々に回数を減らし、1歳を過ぎ大人になる頃には、一日に2~3回にします。
また7歳を超える老齢になると一回に食べられる量が減ってくるため、その分回数を増やすなど加減が必要になってきます。

ネコは食いムラがあることで有名な動物でもあります。
せっかくの総合栄養食を食べなかったり、偏食だったりと飼い主さんの悩みも尽きないことと思います。
しかし、食事としてのフード以外におやつや副食も揃っています。
あまりに食が進まないときには、フードのタイプを変えてみるなどすると、ネコも飽きずに食べられるようになるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 危険なキャットフードサムネール これ大丈夫!?キャットフードに入っていると危険な原材料
  2. 年齢別!猫の年齢にあった食事は?
  3. あなたが知らない「猫の気持ち」
  4. 環境?病気?猫のオシッコが急に臭くなったら?
  5. 初心者必見!猫砂の選び方のポイント
  6. 猫のアレルギー もしかしてアレルギー?ネコのアレルギーまとめ
  7. キャットフードはいらない!猫が食べたくなる手作りごはん
  8. キャットフードの選び方のポイントは?
チョコさむ
  1. そらサムネール
  2. コスモサムネール
  3. りぃるサムネール
  4. じんサム
  5. シルビアサムネール

ネコ雑学

キャットフードランキング

安全なキャットフードのランキング

このサイトではそんな方に、「単純に売れている」、「知名度が高い」キャットフードではなく、猫の健康の事を考えて作られた安全性の高い長生きできるキャットフードをオススメとして紹介しています。

新着記事

  1. のえるサムネール
  2. はやぶさサムネール
  3. ちょこサムネール
  4. レモンサムネール
  5. 大福サムネール

過去の猫ごはん

べにおサムネール 突撃!隣の猫ごはん、第43回は「紅緒」の猫ごはんです♪ ニロサムネール 突撃!隣の猫ごはん、第68回は「ニロ」の猫ごはんです♪ サイケプロフィール 突撃!隣の猫ごはん、第101回は「サイケ」の猫ごはんです♪

このサイトについて

  1. 安全なキャットフードのランキング
  2. 隣の猫ごはん応募フォーム
PAGE TOP