キャットフード

懐石のキャットフードの特徴や口コミ・評判をチェック!

懐石ロゴ

懐石ブランドの特徴

懐石は小麦粉やパスタなどで有名な日清製粉グループが出しているペットフードです。懐石は『ねこちゃんに至福の美味を』という想いを一番に考えているようで、そもそも懐石とは大切なお客様をもてなす心尽くしの料理の事で、フードも一つ一つ材料を吟味して、手間暇をかけて作り満足して欲しいいという願いが込められているそうです。確かにパッケージからして高級そうな感じはしますね。しかしお値段は他のブランドと大差ないので気軽にあげられるご馳走といったところでしょうか。
懐石にはフードタイプとウェットタイプがあります。

ドライタイプ

◎懐石zeppin
◎懐石2dish(毛玉ケア用もあり)
◎懐石4Dish
ウェットタイプ(缶)
◎懐石zeppin祝い肴
◎懐石zeppin缶
◎懐石缶

ウェットタイプ(パウチパック)

◎懐石 贅の滴 炙り(スープタイプ)
◎懐石 贅の滴(スープタイプ)
◎懐石(ゼリータイプ)

年齢別

◎成猫用
◎シニア猫用(11歳以上)

懐石は一つ一つが小さな小袋になっていていつでも開けたての新鮮なものを与える事ができます。大きな袋だと口に密封チャックがついていてもどうしても最後の方は湿気てしまうので小袋はとてもいいですね。

そして懐石の2dishや4dishは一つの箱の中に違う味が2種類もしくは4種類入っています。一つの味だと飽きてしまう猫にも毎日違う味だと食べる楽しみがあっていいですね。

懐石の原材料と安全性

懐石は日本国内で製造されています。その点は安心できますね。

◎懐石 懐石zeppin 5つのごちそう 220g

穀類(とうもろこし、中白糠、コーングルテンミール、小麦粉、ホミニーフィード)、魚介類(フィッシュミール、まぐろ節、フィッシュパウダー、かつお枯れ節削り、かにかまチップ、かつお節パウダー)、肉類(ミートミール、チキンミール、豚ハツ削り)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル、植物性油脂)、大豆ミール、チーズ、オリゴ糖、野菜類(キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、かぼちゃパウダー)、ユッカ抽出物、クロレラ、グルコサミン、L-カルニチン、ビートパルプ、β-グルカン、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、食用黄色4号、食用赤色3号、食用青色1号、食用黄色5号、食用赤色102号、紅麹色素、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

原材料の最初に穀物がきている点が残念です。猫は肉食の動物なので穀類はあまり必要としていません。これはかさ増しの為と言っていいと思います。特に中白糠やコーングルテンミール、ホミニーフィードは穀物アレルギーを起こしてしまうかもしれない可能性があります。コーングルテンミール、ホミニーフィードはとうもろこしから出来ています。

次に魚介類のフィッシュミールとフィッシュパウダーは何の魚が含まれているか分からない点が不安な所です。また肉類のミートミール、チキンミールとはお肉や鳥を混ぜやすく粉状にしなものですが、何のお肉なのかどこの部位なのかが分からないですね。

油脂類も同様に動物性、植物性としか記載されておらず何の動物のどこの部分なのか、どの植物からなのかが不明です。
そして大豆ミールとは一見体に良さそうですが、大豆を搾ったカスを粉状にしたものなので栄養はないに等しくこちらもかさ増しと言えます。

そして極めつけは着色料です。着色料だけで6種類も入っていますが、発がん性物質やアレルギーを引き起こすものが含まれていて、こちらは入れる必要は全くありません。

懐石のドライフードは残念ながら猫にとって良いドライフードだとは言えません。原材料に何が使われているか分からないという不安と着色料の配合は与える側としては可愛い飼い猫に与えたいと思えるものではないです。

◎懐石 ゼッピン 缶 まぐろ白身(缶タイプ)

まぐろ、オリゴ糖、ビタミンE

こちらは商品名の通りまぐろのみが入っているようです。ビタミンEは酸化防止剤として使われているのだと思います。

◎懐石 レトルト しらす入りまぐろかつお(パウチタイプ)

魚介類(まぐろ、かつお、しらす)、オリゴ糖、増粘多糖類、ビタミンE

こちらも缶タイプと同様に商品名の通り、まぐろ、かつお、しらすのみで他のかさ増し要素がありません。このビタミンEもおそらく酸化防止剤として使われているのだと思います。
増粘多糖類とは商品の粘り気を増したり、セリー状に固めたりする為のものです。増粘多糖類とは同じ働きを持つものを2つ以上含んでいるという意味ですが、ここでは何が含まれているかは分かりません。せっかく原材料をしっかり明記して商品名と違わない内容になっているのですから、ここは記入して頂きたかったなと思います。

懐石のウェットタイプに関しては添加物も少なく、商品名と中身が違うということもなくこれは安心して与えられる商品だと言えますね。

懐石の口コミ評判は?

では、懐石の口コミはどうなっているのでしょうか?

懐石でよかった口コミ

*小分けになっているのでいつでも開けたてが嬉しい
*箱を持っただけで走ってきます
*他の物は食べませんがこのフードだけはよく食べます
*飽きっぽいのですが、こちらは日替わりで違う味をやれるので助かってます
*近くに置いてないので通販で買う程です
*自分のものだとちゃんと分かっています

懐石が合わなかった口コミ

*旧商品は食べたのに新商品になってから全く食べない
*新商品にはなんでこんなに着色料が入っているのでしょうか
*臭いをかぐだけで食べませんでした

懐石の口コミは良い口コミの方が多かった気がします。中には良くも悪くもないけど買ったから与えているという飼い主さんもいらっしゃいました。特に小袋で開けたての為、においがとてもよく美味しそうなにおいがすると多くの飼い主さんが答えてます。

まとめ

懐石は毎日というよりもおやつやご褒美として与えている飼い主さんが多いようです。一つの箱の中に違う味が入っているので飽きっぽい猫にも助かりますね。原材料を見るとウェットフードは商品名のままの原材料で添加物は少なく安心して与えられるのに対して、ドライフードの原材料の不透明さには不安が残るところです。同じ商品なのにここまで差があるのかと正直驚きました。可愛い飼い猫には長生きして欲しいというのが飼い主さんの願いです。飼い猫にフードを与える時にはきちんと原材料や内容物の確認をして与えてあげてください。

安全性の高いキャットフードをお探しなら


⇒安全性の高いキャットフードのランキング

関連記事

  1. ビューティプロロゴ ビューティープロのキャットフードの特徴や口コミ・評判をチェック!…
  2. プレミアムドックフードモグワンを購入した感想
  3. シーバのロゴマーク シーバのキャットフードの特徴や口コミ・評判をチェック!
  4. ねこ元気のロゴ ねこ元気ねこ元気の特徴と口コミやメリット・デメリット
  5. ネコ専用サプリ「ネコジーン」の感想
  6. コンボのキャットフードの特徴や口コミ・評判をチェック!
  7. カナガンキャットフードのQ&A
  8. カナガン体験談のサム プレミアムキャットフードカナガンを購入した感想
キャサリンサムネール
  1. トッティさむ
  2. ねむサムネール
  3. チョコさむ
  4. シルビアサムネール
  5. そらサムネール
  6. 蒼次朗サムネール

ネコ雑学

キャットフードランキング

安全なキャットフードのランキング

このサイトではそんな方に、「単純に売れている」、「知名度が高い」キャットフードではなく、猫の健康の事を考えて作られた安全性の高い長生きできるキャットフードをオススメとして紹介しています。

新着記事

  1. のえるサムネール
  2. はやぶさサムネール
  3. ちょこサムネール
  4. レモンサムネール
  5. 大福サムネール

過去の猫ごはん

らぃサムネール 突撃!隣の猫ごはん、第75回は「らぃ」の猫ごはんです♪ くるりサム 突撃!隣の猫ごはん、第12回は「くるり」の猫ごはんです♪ 名前:フィガロ 年齢:2歳 性別:メス  種類:雑種 突撃!隣の猫ごはん、第32回は「フィガロ」の猫ごはんです♪

このサイトについて

  1. 安全なキャットフードのランキング
PAGE TOP